委員会紹介

HOME > 委員会紹介 > 渉外委員会

渉外委員会

委員長    田村 尚也
副委員長   橋本 和幸

基本方針

 四日市青年会議所は地域の方や関係する企業・団体からの協力があり運動しています。我々の姿は常にLOM全体の姿勢として対内・対外から見られていることを意識しなければいけません。しかしその姿は意識が弱く映り、歴史あるLOMとして我々はもっと誇りを持って強い姿を見せるべきだと考えます。支援してくれる人へ常に感謝して気遣いの持てる謙虚な心で考動し自身の存在意義を意識した凛とした姿勢で行動することが必要です。
 まずは全会員が対外からLOMの姿を常に見られていることを意識するために、渉外メンバー一人ひとりが役割を明確にして、一連化した素早い動きを見せることにより、LOM全体が緊張感のある姿で事業に参加できます。そして、我々の活動を支援していただいている方の存在を大切にするために、自身の行動がLOMの姿であると理解し創立記念式典や12月度事業など対外で接する時に感謝や気遣いを忘れず行動することにより、今後も更なるご支援をいただける設営を行います。さらに出向者とLOMが互いの相乗効果を生むために、出向者に対外事業の目的をわかりやすく伝えてもらう場を提供することにより、会員にとって気づきや学びを創れる機会となり、公式事業に一人でも多くの会員に参加いただく環境を創ります。また出向者にもLOM代表としての自覚を強く持って事業に臨んでいただきます。そして、雨港國際青年商會との国際交流では両国や地域への発展へとつなげるために互いのアイデンティティを再認識した交流を図り、両国の文化に触れ意見や質問が飛び交う時間を創ることにより、国境を越えた熱い友情関係を育んでいきます。
 四日市青年会議所として、自身が日々の姿を常に強く意識することにより、自ずと自身の存在意義を確立でき、自信と誇りに満ち溢れた迫力あるLOMを実現できます。そして、この四日市のまちに必要となる人財となり凛とした姿で行動できると確信しております。

事業計画

全会員で強みを活かし高め合う会員拡大 通年
創立記念式典・5月度例会 5月15日
12月度事業 12月2日

公式事業窓口(京都会議、サマーコンファレンス、全国大会)

通年
「年間登録料一括預り金」管理・運営対外事業窓口 通年
雨港國際青年商會との交流 通年
出向者の支援 通年
同好会への支援 通年
第45回JC青年の船「とうかい号」一般乗船者の募集・支援 通年

事業予算

570,000円

委員会開催予定日

毎月第1火曜日