委員会紹介

HOME > 委員会紹介 > オリエンテーション委員会

オリエンテーション委員会

委員長    矢野 陽一
副委員長   橋本 洋志
副委員長   平野 貴之

基本方針

 若き青年の力を結集させ地域の発展を考え運動を展開する我々は、まちの強みを創りだす様々な業種より人財を迎え入れ続け、それぞれの個性を強みとして活かし互いに高め合い、地域の中心的存在へとならなければなりません。我々は地域の中心的存在へとなるべく、JAYCEEとしての責任を自覚すると共に、社会への奉仕を追求する中で、まちの強みを担う青年として資質向上に努め魅力ある団体へ進化し続けることが必要であります。
 全会員で個性を強みとして活かし、会員拡大を推進するためには会員が持つ人財の情報を共有できるツールを提供し、新たな人財の情報や会員拡大への取り組み状況を確認する機会を設け、全会員で強みを活かし高め合う会員拡大運動を展開いたします。そして、まちの強みを創りだす人財を迎えるには人財情報を的確に掴み我々の運動に賛同していただく必要がありその機会を設けます。また、全会員がJAYCEEとしての責任を自覚するためには、自己への見返りを求めることなく地域のために奉仕の精神を持って青年会議所活動を行うことの重要性を理解すると共に、まちの強みを担う青年として貪欲に資質向上に努める必要性を認識していただきます。また、いち早く新入会員が青年会議所運動の意義と本質を理解し、高い参画意識を持っていただくためにJCIセミナーを活用し、一つでも多くの事業に参画することの意義を説き勧め、事業への参加につなげ青年会議所運動の魅力を感じていただきます。さらに全会員が自らの理想を実現するために現在という限られた時間を大切にし、目標を持った行動を取ることの重要性を理解する機会を設けます。
 全会員が40歳までの限りある時間を一瞬でも無駄に過ごすことなく活動を行い、JAYCEEとしての責任を自覚し人間的資質向上を成せば、我々はまちの強みを創りだす人財で溢れる団体となり、明るい豊かな社会の実現に向けての中心的存在へとつながります。

事業計画

全会員で強みを活かし高め合う会員拡大 通年
次代を担う人材育成 通年
2月度例会 2月8日
会員拡大会議 2月・8月
10月度例会 10月9日
公式事業窓口(JCI ASPAC) 5月24日~27日
出向者への支援 通年
同好会への支援 通年
第45回JC青年の船「とうかい号」一般乗船者の募集窓口・支援 通年

事業予算

791,000円

委員会開催予定日

毎月第2水曜日