委員会紹介

HOME > 委員会紹介 > ブロック大会特別委員会

ブロック大会特別委員会

委員長   福村 和樹
副委員長  藤岡 良輔
副委員長  平井 敦 

基本方針

 「青年よ、このまちに自信と誇りを抱いているか」近年、県内各所には多くの魅力が存在するにも関わらず、住む地域に対し自信や誇りを抱いているのは一部の県民だけであり、多くの県民が将来の可能性を感じる事ができずに、三重に自信と誇りを抱けていないのが現状です。メンバーが同じ意識でブロック大会に向かい絆を結び、一丸となった我々が気づいていなかった魅力や新しい魅力を県民に知って頂く機会を創出することが必要です。
 まずは、ブロック大会に向け共有の目的を持つために、我々委員会が会員交流に対し率先躬行して参加し、会話や対話を重ねメンバー間での信頼関係を構築し、どんな困難でも力を合わせ乗り越える事ができ同じ目的を掲げ個性が輝く組織を確立して参ります。そして、地域を牽引する次世代リーダーの育成のために「とうかい号」の支援を行い、不安を解消することで研修に集中ができ、乗船者がより成長できる機会となり結果、LOMの成長、まちの発展につながります。さらに、四日市青年会議所がブロック大会を主管させて頂きます。ブロック大会を千載一遇のチャンスと捉え、9月度例会を開催し、メンバーに対し三重に自信と誇りが持てる機会をつくります。また、毎月開催する四日市単体での例会とは大きく異なり、県内の各地会員会議所メンバーにも参加して頂くことで、より意識が高い凛とした例会設営を行い三重ブロック全体の意識がより高くなる例会となります。そして、地域の皆さまに対しても四日市の垣根を越え、三重の魅力について学んで頂き魅力を抱き自信と誇りを持つことにより大きな理想を掲げることができる機会をつくります。
 本大会を契機にメンバーがより信頼出来る同志となり、人心収攬で強い組織へと変貌を遂げると共に、参加して頂いた方々へ地域の魅力が伝わり、まちにより自信と誇りが波紋のように広がり三重県全体が新たな活気を創り出し、魅力溢れるまちになると確信します。

事業計画

全会員で強みを活かし高め合う会員拡大  通年
7月度例会 7月9日
会員交流 通年
9月度例会 9月1日
第45回JC青年の船「とうかい号」一般乗船者の募集・支援品・支援・支援窓口 通年
出向者への支援  通年
同好会への支援 通年

事業予算

1,044,940円

委員会開催予定日

毎月第2火曜日